会長挨拶

気持ち新たに、協会の活性化を目指して

今年5月に開催された一般社団法人大阪ビルメンテナンス協会の通常総会において、会長に再任されました。選任された21名の役員とともに、今後2年間、協会のさらなる成長と発展に努力して参ります。会員の皆さま方のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

この「OBMこみゅにけ~しょんず」には、毎号、会長の「あいさつ」が掲載されます。2年前の「盛夏号」に掲載された、会長に就任したばかりの自分のあいさつを読み返しますと、重責を担うことになった緊張感とともに、「会員第一」を協会運営の柱に据え、会員の皆さま方との絆を推進力に大阪協会を活性化していきたいとの思いを記しています。その後の各号でも、「会員第一」を実現するため、「お役に立てる」協会にするための方策を提案させていただいております。

その中には実現できた提案もある一方、道半ばのものもあります。新たに任せていただいた2年間で、旗印に掲げた「会員第一」「お役に立てる」大阪協会に向かって、ひとつでも成果を挙げていきたいと心に誓っております。

情報提供や研修充実、人材育成を継続

前期の2年間で実施した事業の中で、「ネット利用による迅速な情報提供」を目的とした「ホームページのリニューアル」「会員の皆さまのアドレスの収集」などは引き続き実施していきます。「人材育成機会の提供、各種講習会の充実」を目的とした「マナー研修」「BCP研修」などについても、内容を改善しながら継続させます。

「業界発展のための人材育成」も大きな目標にしてきましたが、昨年、青年委員会を新たに設置し、その主催により6月15日、「ビルメンテナンス青年部 第11回西日本サミットin大阪」を開催することができました。全国ビルメンテナンス協会の一戸隆男会長をはじめ、各地から120名のご参加を得て、有意義な時間を過ごすことができました。青年委員会の今後の活動を期待しています。

ビルクリーニング部会が作成したDVD『ピカタンと学ぼう!ビル清掃の基本』(ベトナム語版)が、現在ベトナム人実習生を雇用している会員企業に好評を博しています。ベトナム語による作業説明は技能実習生たちにとって理解しやすく、また楽しく学べるとして大いに喜ばれています。ビルクリーニング部会には、今後もタイムリーな企画で「作業教本」や「作業DVD」などの作成、製作をお願いします。

打って出る広報と会員満足度の向上を

再任1年目の今年度は、以下の5点を新たな取り組み目標として、大阪協会の運営にあたっていきたいと考えています。

【基本方針①】

広く一般の方々に、私たちが携わるビルメンテナンス業と私たちの業界を知ってもらい、理解していただき、それを業界のイメージ向上につなげることを目標に、「外部広報」の具体化を検討します。単なるイメージ向上ではなく、私たちの仕事を正しく知っていただくことによって、会員企業の求人活動、採用活動に資することを目的としております。

その方策として、各種広告媒体の積極活用を検討します。新聞や電車など公共交通機関の車内広告、テレビコマーシャル放映などについて、コストとその効果を専門家からヒアリングするなどして検討し、担当の委員会に諮って実現したいと思っております。

現在取り組んでいる「ホームページ」のリニューアル作業も、一般の方々や私たちの業界に就職を考えている求職者などの目を意識し、掲載内容や見せ方を検討しているところです。これら外部広報の企画については、近畿地区の他の協会に加え、全国協会にも提案していきたいと思います。

【基本方針②】

協会活動を活性化するため、会員増強に取り組みます。そのために、非会員企業に対し大阪協会の活動事業(研修会、講習会、各大会)などの案内文書を配布し、各種催しにご参加してもらうことなどの活動を企画したい。それらの催しを通じて、入会の勧誘活動を強化します。

正会員の皆さまには、協力会社などにもお声掛けをしていただくようにお願いします。各委員会には、「大阪協会に入会してよかった」と、具体的なメリットを感じてもらう事業内容を企画していただきたいと思います。

【基本方針③】

会員満足度の向上を目標に、「会員懇談会」を実施します。会員の意見や要望を聞く機会を設け、そこでの意見や要望、疑問などを協会運営に反映させることを基本とします。会員満足度向上のためのプロジェクトチームを立ち上げ、この1年間を通じて、50~100社を目標に協会への要望や意見を聴くアンケートを実施します。その結果に検討を加え、次年度の事業に組み入れ、充実した事業活動につなげていきたいと思います。

【基本方針④】

経費の削減・合理的運用について検討します。各委員会にはこれを考慮に入れた委員会活動をお願いします。例えば印刷物、会場費等はできるだけ相見積を取り、予算内での事業運営をお願いします。協会の管理費も同様に削減を考えています。例えば家賃支出を精査し、1フロア返却については今年度内に検討し、結論を出す考えです。

【基本方針⑤】

事務局の事務の軽減を図る工夫をしていきます。研修会、講習会、各種大会などの案内文などは、各委員会で作成するなどして、事務局の事務量削減に協力していただきたいと思います。

全国協会関係の取り組みとしては、昨年と同様に会員支援、外国人技能実習生雇用、検定、エコチューニング等の事業を重点的に実施していきます。

大阪協会は、会員ファーストの協会運営を目指します。今後とも、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

OBMこみゅにけ~しょんず90号より転載

© 2011 OBM | 一般社団法人 大阪ビルメンテナンス協会 All rights reserved.